英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

やっぱり英語は重要-英語をペラペラしゃべりたい人のための秘訣

      2016/08/08

外国語としての英語を話す国ベスト5

‘Independent’というイギリスの新聞の記事で

「外国語として英語を一番よく話す国々」が出ていました。

 

54831843802a2000354641480097c49f_s

 

この記事によると世界中で20億近い人、

すなわちほぼ3人に1人が英語を外国語として勉強している

ということになるそうです。

 

英語が外国語として使われている国で最もうまい国は

1.スウェーデン 70.94%
2.オランダ   70.58%
3.デンマーク  70.05%
4ノルウェー   67.83%
5.フィンランド 65.32%

以下スロヴェニア、エストニア、ルクセンブルグ、ポーランド、ドイツと

ヨーロッパ系の国がトップ16か国中13カ国を占めて、

ヨーロッパ以外ではマレーシア、シンガポール、アルゼンチン

という形になりました。

 

道具としての「英語」

 

そして発展途上国では英語というのは

外国語の技術云々というよりも

発展や国の経済を伸ばし、世界と繋がるためのツール

と同じ意味であるという、あくまで

 

「道具」としての英語

 

が非常に重要視されているというのが印象に残りました。

 

そして英語を母国語とする人がほとんど居ない国では

やはりビジネスや政策決定の面で世界に比べて

情報がなかなか伝わりにくい、入りにくいということも

この記事で言われています。

 

日本の参入障壁と英語

 

海外の会社や団体が日本へのビジネス参入障壁として

何が挙げられるかと言われて、その最も多かったものは

「英語」

だそうです。

資料にしても情報にしても英語化されているものが少なくて

すべて翻訳や通訳が必要で非常にビジネスがやりにくい

ということが言われています。

 

そう考えると上記のトップ5に入る国とは

ビジネスの分野の世界競争において

負けているということになります。

 

やはり英語は大切ですね。がんばって勉強しましょう。




 - 未分類