英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

To whom it may concern.-ペラペラになるための決まり文句

   

どう書くんだろ(・・?





前回の記事では

 

So so.
(まぁまぁだよ)

 

という表現を勉強しましたが,

 

今回はビジネスの文書では
時々使うけどなかなか思いつかない表現すなわち、

 

To whom it may concern
(関係者各位)

 

0aeb78033ed9bf7ac15053f96c5d0711_s

 

という表現がメールでスパッと書けるようになるとカッコいいですね^^;。

 

おもひで^^;

 

この表現には個人的に思い入れがあります。
私がイギリスの大学院留学中、卒論の単位認定に失敗して
学生ビザの延長申請申請をする際、
学校の在籍証明が必要だったので,
大学の事務局に赴いてこの書類を手に入れました。

 

気分は最悪で

 

「俺の人生どうなるんだろうなぁ?」

 

と訳のわからないことをぼんやりと考えながら
この大学の在籍証明の書類の宛名に書いてあったのが、この

 

‘To whom it may concern’

 

でした。

 

本気で学ぶならガチ留学

 

普通考えると、この手の書類の宛て名は

 

「法務大臣か外務大臣あたりになるんじゃないの?」

 

という気はしますが、ビザの申請書類なんて誰が読むか解らないので
こういう書き方をするのでしょうね。

 

でもこの表現はビジネスの場面で使うことがほとんどです。
日本語の書類だって

 

「誰を宛て名にして出すかわからないから『関係者各位』でいいか?」

 

ということは多いですよね。

 

それと同じです。
ぜひ実務で試してみてくださいね(^.^)。

 

英語をビジネスシーンでもうまく使いこなしたい人へ!

 

このようなビジネスで英語をきちんと話せるようになるサイトをご紹介します。



 

英会話教室というよりもなんだか高級なサロンといった感じですね。
コンセプトが‘Classy'(高級な,上等な)というのもうなづけます。

 

campaignbanner-medium

 

11月はキャッシュバックキャンペーンを行っています。
このチャンスを見逃す手はないですね。

 

今やらないと後回しにしても英会話力は伸びません!
今すぐクリック!

     ↓

女 性 限 定 マンツーマン英会話

 

今日の表現

いずれにせよ、この

 

To whom it may concern
(関係者各位)

 

という表現、覚えておきましょう!

 







 - 未分類