英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

Crisp—英語をぺらぺらしゃべりたい人の悩みを解決!

      2017/02/10

Chipsでは通じない?




 

前回の記事では

 

Let’s do it persistently.
(粘り強くやりましょう.)

 

 

という表現を勉強しました。

 

今回は、皆さん御存知の

 

「ポテチ」

 

ですが、

 

イギリス英語

 

では表現が
ちょっと違います。

 

すなわち

 

Crisp.
(ポテチ)

という表現,

 

ロンドンのパブで
ビールを飲む際のおつまみを
頼む際に使いましょう(^^)v

宿題の答え合せ

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

 

さて、前回の宿題ですが、
みなさんどうでしょうか?

以下のBritish  Council のビデオを見て
質問に○×で答えるというものでしたね。

内容は以下の通りです。

 

Woman: Excuse me! …Excuse me!…No…
すみません!すみません!もう!

Man: Always busy here on a Friday night!
金曜日の夜はいつも混んでいるからねぇ!

Woman: (to barman) Sorry! Could I just have a…
(店の人に)すみません。注文・・・・・・

Man: Patience and persistence!
忍耐と粘りだね!

Woman: Ahh, finally.
あ、やっとだ。

Yes, erm ok,
はい、うーんと

I’d like a beer, please!
ビールお願いします!

Sorry? what kind?
すみません?どの種類?

(Man rolls eyes) A beer?
(男性は「やれやれ・・・」といった感じで見てる)
ビール?

Erm, lager, please.
ああ、ラガーお願いします。

Yeah, that will do.
そう、それでお願いします

Sorry, what?
え、何?

Half pint or a pint?
ハーフパイントかパイントかぁ?
(To man) How big is a pint?
(男性に)パイントってどのくらいの大きさ?

Man: (gestures with hands, size of a pint)
(ジェスチャーでパイントのサイズを見せる)

Woman: Yes. OK. A pint.
はい、パイントで。

Man: Ok, great, I’d like a..
さて、えーっと、

.Woman: Oh, sorry. Two pints of lager, please.
あ、すみません、ラガー2パイントお願いします

Man: OK great, I’ll have…
うーん、注文。。。。。

Woman: Oh…and a packet of crisps.
あ、ポテチ1袋も

(To man) Sorry.
(男に向かって)すみません

(To barman) What flavour?
(店のスタッフに)何味?
Erm, let me just check
うーん、ちょっと待って。

(Turns round and shouts)
(振り返って叫ぶ)

What flavour?
何味?

(Turns back) Cheese and onion.
(正面向いて)チーズ&オニオン味で。

Man: OK give me…
えーっと。。。。。

Woman: And a glass of wine. Red, please.
あと、グラス1杯赤ワインちょうだい。

Yes, I’m sure that’s it.
そう、それね。

Thank you.
ありがとう。

How much is that?
いくら?

(starts to look for wallet)
(財布を捜し始める)

Let me just check my wallet.
財布見てみるわわ。

I’ve got five, and that’s another six.
(5ポンド、そしてもう6ポンドと)

Man: (with note already in hand) OK great,
(既に紙幣を持って)うん。

I’d like a pint of bitter and two halves of lager please.
ビタービール1パイントとラガービールを
ハーフ(半分)パイントで2杯でお願いできます?

Cheers. Keep the change.
ありがとう。おつりはとっておいて。

(To woman) That’s how it is done!
(女性に)これがスマートなやり方!

 

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

質問はこうでしたね。

 

1.お店は週末で混んでいる.

男性の発言にもある通り
週末は混んでいるのでですね。

 

2.女性は2パイントのラガー・ビールと
グラスワイン1杯を注文した。

これは女性の発言にある通り、

 

2パイントのラガービール
グラスワイン(赤)

 

を注文したのでですね。

 

3.女性はこのお店で常連客である。

どうみても不慣れな感じですので、×ですね。

 

4.女性はチーズ&たまねぎ味のピーナツを注文した.

今日の表現に出てきた

 

Crisp
(ポテチ)

 

が女性の発言にありましたね。

ピーナツではなくてポテチですから×です。

 

5.女性は11ポンド支払った。

 

5ポンドと別の6ポンド合わせて
11ポンドなのでですね。

 

6.男性は1パイントのビター・ビールと
2パイントのラガー・ビールを頼んだ。

ビタービール1パイントはあっているのですが、
ラガーはハーフ(半分)パイントを2杯なので×ですね。
1パイントフルではないので。

 

パブの作法

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

この女性、どうやら

 

アメリカの女性

 

みたいで、

 

このようなイギリス独特の

 

パブの作法

 

を知らなかったみたいですね。

 

それにイギリス人の男性は

 

「やれやれ┐(´ー`;)┌フッ、
これだからド素人のアメリカ人は。。。」

 

てな感じで話が進んでいきます。

 

 

イギリスのパブはビールを

 

パイント単位
(約570ml)

 

で注文します。

 

またビールも

Lager
Bitter
Stout

と様々な種類があるので、
注文の際には戸惑いますね。

 

これができれば、パブで
あなたもイギリス紳士・淑女に交じって
ビールを楽しめますよ!
がんばりましょう!

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

今日の表現

 

いずれにせよ、この

 

Crisp.
(ポテチ)

 

という表現、覚えておきましょう。

 







 

 - 未分類