英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

against ~–英語をぺらぺらしゃべりたい人の悩みを解決!!

      2017/10/31

前回の内容の確認





前回の内容はこれでした。
NHK-Eテレの
「ボキャブライダー on TV」
という番組から。

NHK頑張ってます(^_^;)

思い出しましたか?

そうです、「逆風」。

「アゲンスト」、
つまりagainst windは
和製英語なので通じない

そこでheadwind
使うという内容でしたね。

もう1度確認してください。

【30日間全額返金】
ライザップイングリッシュ

宿題と解説





しかし、それだけではありませんでしたね。

青線部の
「私たちには強い逆風が吹いています」

againstを使って表現してみてください。

faceを使う必要もないです。
中1レベルの単語で十分表現できますよ。

というのが前回の宿題でした。
解説してみましょう。

解説

【30日間全額返金】
ライザップイングリッシュ

この場合は、againstをこう使えば良いですね。

I am against wind.
(私は風に対している→逆風だ)

このagainstは前置詞と呼ばれるもので

「~に反して、
~に対抗して、逆らって」

という意味になります。

つまりonとかatとかinなどの
おなじみの単語の仲間ですね。

ですから後ろにwindという名詞
来るわけです。これで十分通じますし、
face(直面する)という単語も要りません。
「逆風なんだな」ということが相手に伝わります。



別の言い方だとこれでもOKですね。

I am getting wind on my front.
(私は前面に風を受けている
→逆風に晒されている)

これでも意味は通じますね。
on my backとすれば

「背中に風を受けている」
→「追い風だ」

ということにもなります。

headwindやfaceを使わなくても
大丈夫ですね(^_^;)。




 - 未分類