英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

A few …..ではなくて-英語をペラペラしゃべりたい人のための秘訣

      2016/08/08

A few ~

「少しあります」

15a5cfb666e1856b96a3aeaabb24f393_s

こういう表現をするとなるとよく勉強されている方々は

‘a few ~’

の形を使って表現されます。
もう少し勉強されている方だと、

「aがつくと『多少はある』『少しはある』という肯定的なイメージだけど、

aが無いとなると『ほとんどない』という否定的なイメージがあるから、

使う時は気をつけてくださいと英会話の先生に言われたなぁ」

というかもしれません。

 

それ、満点です^^;。
おそらくそういう方は

大学入試センター試験や私立文系の大学入試で良い点が取れます^^;。

 

もっとよく使われる言い換え表現

 

でも、この言い回しよりもむしろこっちのほうが良く使われますし、

イギリスに自分が滞在していた頃はよく聞いた表現でした。

それは、

 
‘a couple of~’
 

圧倒的といって良いほど、この表現でした。

というか’a few ~’という言い回しを聞いた覚えがほとんど無いんですね。

たいがいこれで周りのイギリス人は済ましてましたし、

さらに’several’(いくつか)の意味でcoupleを複数形にして’

 

’Couples of drinks,please.’(飲み物を何個かください)

 

という表現も非常によく聞きました。

 

よく使われる言い回しを覚えよう!

 

この事例は英語のテキストで習う文章がそのまま会話で使われず、

別の表現で言い換えられてよく使われる典型例だと思います。

こういう表現を頭に入れておくと、

ネィティブの方の頭にスッと入っていきますね!




 - 未分類