英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

日本語化したカタカナ言葉は要注意!-英語をペラペラしゃべりたい人のための秘訣

      2016/08/08

アンケートという言葉

 

daa7c734f857f6a2f2f1a5477538a79c_s

 

アンケートということばを良く聞きます。

何らかのサービスをする際、

サービスを受ける側の需要や要望を聞くために行われますが、

この言葉、要注意です。

 

みなさんはこの言葉を英語と思っている方が多いかもしれません。

しかし、実を言うとこれは英語ではありません。

フランス語です。

enquête、英語ではinquiry(問い合わせ・質問)になります。

 

日本語で言う「アンケート」の意味では’a questionnaire’が妥当な訳語でしょう。

 

事例その2-「バイト」

 

似たような言葉に「バイト」という言葉があります。

学生さんやフリーターさんには馴染みの言葉でしょう。

 

しかしこれも要注意です。

この言葉も英語ではありません。

 

本来はドイツ語でarbeiten、「働く」の意味です。

発音すると「アルバイテン」ですが、

これを短く省略して「バイト」という言葉が一般的になり、

外来語として定着しました。

 

英語だと’part-time job’という言葉が使われます

 

カタカナ言葉≠英語

 

このような一見英語と思えるような言葉でも、

実はフランス語やドイツ語というケースはよくあります。

 

というのは戦後、英語が国際的な言語として使われるようになる前は、

日本ではフランス語やドイツ語が使われ、

知の最先端を担う大学生などが使って、

広まったという経緯があります。

 

ですから、英語で話す際にデフォルトで、

「英語だから大丈夫だろう」

と思って英語圏の外国人の人に話すと、

‘What does it mean?'(どういう意味ですか?)

というような顔をされかねません。

 

注意が必要です。




 - 未分類