英語をペラペラしゃべりたい!!

英語を勉強してペラペラしゃべりたいあなたにその秘訣をお教えします!

No back.-英語をペラペラしゃべりたい人のための秘訣

   

チップとしてのお釣り

京都のホテル予約


前回の記事では

 

b6b362f301604396f3d3cbe094a7d7bf_s

 

Can I make negotiation about the price?
(値段について交渉できますか?)

 

の表現を勉強しましたが、今回はタクシーに乗った場合等のスマートなチップの渡し方として、

 

No back..
(おつりは要らないよ)

 

という表現、イイ^^;です。

 

チップの渡し方





ヨーロッパのタクシーでは

 

1ポンドや1ユーロ以下のおつり

 

をこの言葉と共に言う運転手はにこっとします。

 

これに対し、アメリカあたりでは

 

支払額の15%-20%くらいが相場

 

だそうです。ですからこの言い方ではなくて

 

I need ~dollars change.
(~ドルおつりください)

 

のような言い方が多くなります。

 

東南アジアのタクシーは?

 

では東南アジアのメータータクシーはどうなのか?

 

フィリピンはアメリカと似ていて

 

メーターの一桁のペソ部分は切り上げ

 

でおつりが戻ってくることが多いです。

 

ですから大きなお札を出すのは得策ではありません。
意識的にチップ取ろうとして

 

「おつりがない」

 

と言い始めるドライバーが多いので。

 

タイでは?

 

逆にタイなどはちょっと違っていてメーターの一ケタのバーツ部分は

 

「四捨五入」

 

でおつりが返ってきます。

 

ですから78バーツのメーター表示に100バーツ札だと
だいたい20バーツのお札を返してきます。

 

逆に51バーツのメーター表示の場合は50バーツ札出すと

 

「いいよ」

 

って言ってくれるケースが多いです。
1バーツ分は切り下げなんですね。

 

今日の表現

いずれにせよ、この

 

No back.
(おつりは要らないよ)

 

という表現、覚えておきましょう(^^)v



 - 未分類